• people of f life

     

    大切なものを大切にする

    ライフスタイルを拡げる仲間たち

     

  • HAYATO OGASAWARA

    小笠原 隼人

    クリエイティブな企画を考えること、家族や仲間と楽しくご飯を食べることが好きです。

     

    【経歴】

    1984年 埼玉県所沢市出身。

    2003年 一橋大学商学部入学。

    2009年 一橋大学商学部卒業。在学中に、株式会社RCF、株式会社ジースタイラス、NPO法人ETIC.などでインターン。

    2009年 アクトインディ(株)に入社。「葬儀サポートセンター」「お墓サポートセンター」事業を運営。葬儀相談員として在職中に1,231件の相談に従事。

    2012年 福島県郡山市にIターン移住

    2012年 こどもの心の声を聴く傾聴ダイヤル「チャイルドラインこおりやま」を設立。事務局長として3年間勤務。並行して複数の団体で、被災者のカウンセリング業務に従事。

    2015年 福島から100の事業を創造するプラットフォーム「(一社)ふくしまチャレンジはじめっぺ」を設立。事務局長として2年間勤務。

    2017年 株式会社エフライフ設立

     

    2019.4.3更新

    『仕事』とは ・・・自分の持つ資源を生かして誰かを幸せにし、結果的にお金や、やりがい、感謝の言葉等の対価をもらう行為。

     

    『幸せ』とは・・・感謝の気持ちで満ちている状態。

     

    『家族』とは・・・様々な面で人生の豊かさを倍増させる存在。

     

    『仲間』とは・・・共通のミッションに取り組みながら、お互いを生かしあい、応援し合う存在。

     

    『優しさ』とは・・・相手が望むものを、望むタイミングで差し出すこと。

  • KAORI SAKUMA

    佐久間 香織

    生まれも育ちも福島県中通りの32歳。グラフィックデザイン・ブランディングの仕事に従事していた際、「6次産業化」をすすめる福島県内で食や農に携わる方々に出会い、その魅力に惹かれて今に至る。現在は料理、デザイン、撮影コーディネイトなどの仕事を担当。料理好きが高じて「SHOKU SHOKU FUKUSHIMA」ではキッチンを担当。地元で身近にある食材の美味しさを感じてもらえたら幸せ!

     

    ■経歴

    1986年生まれ、福島県田村郡三春町出身
    表具師の父から襖紙の余りをもらい絵を描くのが好きな子供時代を過ごし、郡山市内の短期大学でデザインを学び、広告代理店、デザイン会社を経て独立、2018年エフライフに入社。

    高校時代から演劇部に所属し、現在も趣味はインプロ(即興演劇のパフォーマンス)。写真の鳥の着ぐるみは大好きな劇団「第三舞台」の解散時に寄贈されたもの。

     

    2019.4.3更新

    『仕事』とは・・・「あったらいいな」と思うことを満たすこと。

     

    『幸せ』とは・・・自然体で、心が穏やかになれること。

     

    『優しさ』とは・・・人のために真摯になれること。他人にも自分にも”YES”をあげられる姿勢。

     

    『成長』とは・・・「自分でできること」と「人に託すこと」が両立できるようになること。

     

    『お金』とは・・・モノゴトの価値がわかりやすく見える指標。ちょっと足りないくらいが頑張れるかな?

  • MINAMI SUZUKI

    鈴木 みなみ

    写真上 撮影:集合写真家 武市真拓 <リンク:https://sshonpo.com/>

    今年1月末に会津磐梯で開かれたイベントで初めて福島に。そこで「出張スナック」としていらっしゃった小笠原さん夫妻にお会いし、自分らしい生き方を応援する新設施設の運営を手伝いたい!という話からエフライフでインターンを始める。食べること、寝ること、頭を使うこと、歌うこと、運動することが大好きで、活力の源。大切にしているものは、Honesty・Gratitude・Consideration

     

    ■経歴

    埼玉県狭山市生まれ、横浜&狭山育ちの21歳。北米インディアナ州の大学で教育学を専攻している。現在は休学して日本で場所や時間に縛られない自由な働き方を実践しながらダンスと歌、読書に明け暮れている。8月に復学した時に研究したいテーマはソーシャルメディアと自己肯定感の関係性。卒業後はブロードウェイ進出を目指してニューヨークで一流からダンス・歌・演技の指導を受けながら舞台デビューのチャンスを掴みたい!

     

    2019.4.3更新

    『仕事』とは・・・自分で生み出すもの。好きなこと、やりたいこと、得意なことを発信してやり続けていくことで、気づいたら周りから報酬がもらえるようになっているもの。

     

    『幸せ』とは・・・「ありがとう」と「好き」で溢れている心の状態。

     

    『優しさ』とは・・・人や物事をいろんな角度から見ようとする姿勢。

     

    『成長』とは・・・自分と他人への理解の拡大。

     

    『お金』とは・・・程よく持っていると幸せになれるもの。

  • MIYUKI YOSHIKAWA

    吉川 みゆき

    岐阜県のど田舎生まれ、22歳。 食べることがとにかく大好き。誰かのことを思って料理することは愛、一緒にごはんを食べることは最高のコミュニケーションだと考える。2018年2〜8月までエフライフにてインターン。おいしい食と酒、それをつくる最高にかっこいい生産者たちと出会い福島に惚れる。その後スリランカへ交換留学。様々なカルチャーショックを受けながらの生活でヨガに出会う。帰国後またエフライフメンバーとして復帰。心と身体の健康、人と人とのコミュニケーションがテーマ。

    ■経歴

    1997年岐阜県下呂市にて生まれる。

    高校までは岐阜で過ごし、大学進学とともに栃木県宇都宮へ。ダンスサークルで活動。

    2017年夏カンボジアでのインターンをきっかけに留学を決める。

     

    2019.4.3更新

    『仕事』とは・・・ 人の役に立つこと、人を幸せにすること。

     

    『時間』とは ・・・皆んな平等に与えられている。味わいながら過ごすもの。 無駄な時間はない!

     

    『優しさ』とは ・・・「相手に喜んでもらいたい」という思いから生まれる言葉や行動。

     

    『家族とは』 ・・・絶対にいつも自分の味方でいてくれる、自分を愛してくれる人 。いつでも安心して帰れる場所。家族に勝るものはない。

     

    『成長』とは・・・ 自分の中の引き出しを増やすこと。

  • NAMI KUBOKI

    窪木 奈美

    f life主催のイベント「立川哲之氏による福島全50蔵以上の日本酒を飲みくらべる会」に一般参加者として参戦し、地域の魅力を伝える想いに共感。その後SHOKU SHOKU FUKUSHIMAや県内開催の地域魅力化イベントに多数出没。元教員として授業を通して実践してきた現場のライブ感を大切に、人と人を繋ぐイベントを明るく元気に盛り上げていきたい!

     

    ■経歴

    福島県石川郡古殿町出身。大学在学中、米国ペンシルバニア州フィラデルフィアにて公立幼少中学校で日本語教師アシスタントとして1年間インターン。大学在学中からマクドナルド店舗マネージャー、帝国ホテルVIPラウンジなどあらゆる接客サービス業を経験し、日本の田舎を元気にしたいとの想いから、地元私立中高一貫校に10年間英語教師として勤務。学校教育に従事する傍ら世界30カ国を旅しつつ、世界と地元をつなぐ架け橋になる活動に数多く参加。人と人、地域と学校、地域と世界を繋ぐ活動を主軸に、これからも県内各地、日本中、世界中を飛びまわりたい!今の日本、これからの世界を熱く語りたい人、SHOKU SHOKU FUKUSHIMAで待ってま〜す!

     

    2019.4.3更新

    『仕事』とは・・・「人助け」のようで「自分助け」

     

    『幸せ』とは.・・・自分の心が決めるもの 。

     

    『成長』とは.・・・経験と学びから得られるもの 。

     

    『優しさ』とは.・・・寛容さ(Generosity)

     

    『家族』とは・・・お陰様。家族がいるから自分がいられる。

  • RYOSUKE SAKAI

    堺 亮裕

    大阪府富田林市出身、福島県双葉郡楢葉町在住。

    1992年12月26日生まれ。

    身長が190cmと高すぎて、大学時代にバイト先で「ロングちゃん」と呼ばれていたことから、今のニックネームは「ロン」。

    大学進学時に東日本大震災が発災。進学した学部が防災・減災を専攻する学部で岩手・宮城・福島の様々な地域を回る。その中でも特に印象に残ったのが福島県双葉郡楢葉町だった。そのまま大学院進学し、スタートアップなどに興味を持ち、都会の企業ではなく、地方での就職を考えるようになる。そのタイミングで、避難指示が解除された楢葉町を訪れ、居心地の良さを感じて楢葉町に移住。まちづくり会社に1年勤務し、フリーランス(個人事業主)に。ミッションは独りよがりになってしまう人を減らすこと。趣味は野球・音楽・レース観戦・アウトドア・ゲーム・アニメ鑑賞。得意料理はお好み焼き。

     

    ■経歴

    1992年 大阪府富田林市に生まれる。

    2011年 大阪府立長野高等学校を卒業。関西大学社会安全学部へ進学

    2015年 関西大学社会安全学部を卒業。同大大学院社会安全研究科へ進学

    2016年 アルバイト、大学、ボーイスカウトと寝る間を削って活動していた結果、鬱のような状態になり、休学。

    2018年 関西大学大学院社会安全研究科を中退。福島県双葉郡楢葉町に移住し、一般社団法人ならはみらい入社。生きがいづくり事業、交流人口促進事業を担当。

    2019年 一般社団法人ならはみらいを退社し、フリーランス(個人事業主)に。復興庁クラウドファンディング支援事業福島県地域コーディネーターの業務を株式会社エフライフより受託。

     

    2019.8.8更新

    『仕事』とは・・・自分が幸せになることで、相手を幸せにすること。

     

    『幸せ』とは.・・・心身ともに満たされていること。

     

    『時間』とは.・・・お金よりも大切なもの。

     

    『優しさ』とは.・・・真に相手を想い行動する事。

     

    『お金』とは・・・信用で成り立つ指標であり、うまく使うと便利なもの。

  • 卒業生

    f lifeをともに創ってきた仲間たち(新しい職場の都合等により掲載できない方もいます)

  • RYO ONOGI

    大野木 諒

    滋賀生まれ、兵庫育ちの21歳。

    幼少期は体が弱く、卵アレルギーによる食事制限を経験し、人と違う食事に違和感を覚えて以来、食への関心が高まる。関東の大学へ進学し、休学中。大学で多様な人に出会う事を通して、人との出会いの中で自身に新たな気づきが生まれる瞬間に魅かれ、場づくりに興味を持つ。自分の関心のある食と場づくりの可能性を求めて活動する中で、福島と出会う。福島の野菜の味に感動し、またその発信に精力的に取り組む地域の方々の姿に感動し、力になることができないかと感じ、インターンすることを決めた。

    食べることと走ることが大好き。夏からは世界一周に出発予定。

     

    ■経歴

    1996年生まれ。

    3歳で兵庫県西宮市へ引っ越す。

    以後、高校卒業まで西宮市で過ごす。

    2015年、大学進学と共に上京。

    現在大学4年生(休学中)。

  • MASAYA HIROSE

    廣瀬 維哉

    一つ一つの出会いと感謝を大切に。

     

    ■経歴

    福岡県生まれ、鹿児島/福岡育ちの21歳。物心ついた頃から俳優さんになりたくて高校を卒業後、演劇を学ぶためにアメリカ、カリフォルニア州にある大学に進学。現地で映像クリエーターという職業の素晴らしさを知り、映像クリエーターになることを決意。アメリカで映像制作を独学で学び、ハリウッドでPVやテレビコマーシャルを制作。アメリカのカレッジを卒業後、日本で人間性向上、そして一から映像クリエーターとしてのスキルアップのため日本に帰国。帰国後ホームレスになるが、たくさんの素晴らしい人々に出会い、今では映像のお仕事がもらえるようになる。CSU, Northridge校で映像を勉強するため、2019年の8月に渡米予定。

     

    2019.5.28更新

    『家族』とは・・・最も感謝すべき存在であり、最も感謝できていない存在。

     

    『成長』とは・・・遠回りすること。

     

    『優しさ』とは・・・相手を思うこと。

     

    『幸せ』とは・・・自分で決めること。

     

    『時間』とは・・・1秒は誰にとっても1秒である。

    All Posts
    ×