Return to site

新メンバーとともに合宿をしてきました

~Living Anywhere Commonsにて一泊二日のf life合宿~

みなさんこんにちは。
半年間の海外留学を終えf lifeに帰ってきました、
絶賛就活中 元インターン生の吉川です。
久しぶりの福島で、今回は今月初めに参加したf life合宿について報告させていただきたいと思います。
少し長くなってしまいますが、最後までお読みいただけたら嬉しいです。

4月1〜2日にかけて、オープンしたばかりのLiving Anywhere Commonsにて、f life合宿を行ってきました!

(Living Anywhere Commonsとは、場所やライフライン、仕事など、あらゆる制約にしばられることなく、好きな場所でやりたいことをしながら暮らす生き方(Living Anywhere)をともに実践することを目的としたコミュニティです(LACommons公式サイト<https://livinganywherecommons.com/>より。このたびその第1号が会津磐梯にオープンしました)

新年度のスタートを新メンバーと共に迎えられることとなったf life🌸
社長 小笠原、妻 香織、
そして先日新f lifeスタッフとなった窪木、
新たなインターン生 鈴木・廣瀬、
海外留学より帰国した元インターン生 吉川 の6名で、新年度スタートを切っています。
(それぞれの詳しい自己紹介もサイトに載っておりますので、ぜひ目を通していただけると幸いです)。

1日目お昼過ぎに到着し、まずは徹底的に自分を見つめる時間。

たっぷりと時間をかけ、各々がこれまでの自分の経歴や趣味、

好きなことやチャレンジしていること、
そして自分が生きている上で大切にしていること・したいこと、
自分にとって、仕事とは、幸せとは、時間とは、家族とは、優しさとは、成長とは、お金とは。

上記についてじっくりと考え、出てきた思いや考えを交換しました。

普段なかなか改まって定義づけることのないことかもしれませんが、
じつは生活する上で軸になっているはずの、大切な価値観の部分。
そして交流するとそれぞれが全く違う考えを持っていたり、似ている部分もあったりして、新しい発見がありました。

それらをもとに、f lifeとして一緒に仕事をしていく上で、
お互いどんな配慮をすると良いのか、

どんな頼み方や声がけをするとスムーズに楽しく仕事が進められるのか、
1人ずつのことをみんなで考えました。

就活真っ最中の私個人としては、例えば就職活動だけのために企業に合わせてするような表面的な自己分析ではなく、
ただ自分と相手をもっと知るための時間の有意義さを感じました。
本来ならばそういう根本のところから考えるべきところをつい後回しにして、
どんな職業・職種がいいのかというところから入ってしまいがちです。
改まって自分を見つめ振り返る機会はなかなか普段の生活の中にはなく、
就活を始めるにあたって初めてする人も多いからです。

しかしそれでは、そもそもどんな風に生きていきたいのか、

なぜそれがやりたいのかという部分をとばしてしまっていることも多いように思います。
軸がわからないと、目先の職種や業務がイメージ通りのものにならなかった時や辛い時に困ります。

なぜそれをしているのかという理由が明確でそこに共感できていないと、辞めたくなってしまうこともあるでしょう。
また、なんだか違うな、という違和感を感じても

それが何なのかよくわからず、不本意なまま生きていくことになるかもしれません。

日々の生活の中で自分が感じた幸せや違和感などについて、
なぜそう感じたのかな、と立ち止まって考える時間がもっととれたらいいのになと思います。
なかなか難しいことかもしれませんが。

そんなこんなで、今回は大変貴重な時間をとり、

ほとんど初めまして同士のメンバーも多い中お互いの大切にしているものを交換し合い、打ち解けることができました。
楽しい集合写真撮影も済んだところで、夜ごはんはみんなで鍋を囲みました。
まだまだ春は程遠い寒さの磐梯であったかいお鍋を囲むのは、とっても幸せでした。
それぞれお風呂に入り、夜遅くまで残って話し合うメンバーもいましたが、これにて1日目は終了。

ホワイトボードがみんなの思いでいっぱいになりました。

↑ホワイトボードがみんなの思いでいっぱいになりました。

2日目は、もっと具体的なf lifeの事業について話し合いをしました。
まずは社長小笠原から現在持っている5つの事業

fukunomo、SHOKU SHOKU FUKUSHIMA 、わげさこハウス、クラウドファンディング支援事業、各種クリエイティブ事業についての説明。
そして今回から新たに加わった、Living Anywhere Commonsの歩みとコンセプトを改めて確認しました。

施設自体の管理運営はもちろん、直近ではまずゴールデンウィークに大規模なイベントを企画しているため、そちらの計画も立てていきます。

イベントで作りたいものややってみたいことのアイデア出しも行いました。
(こちらのイベントに関しては現在facebookイベントページにて詳細を公開中です。要チェック!https://www.facebook.com/events/836125396735165/

 

少人数のメンバーに対し、事業はかなり盛りだくさん。

それぞれが自分の得意を活かし、コミットしたい部分・できる部分を見つける必要があります。

フルコミットできるメンバーもいれば遠隔で参加するメンバーもいたり、年齢性別経験ともに皆それぞれですが、

今回の合宿を通してお互いのことをより深く知り、f lifeのことを理解し、今後の見通しが持てたのではないかと思います。
何よりも、メンバー全員で顔を合わせこんなにも真剣に言葉を交わせる時間を持てたことが、大きな価値だったと思います。
このような時間もまた時々とりながら、”大切なものを大切にできる社会”を目指して、今後も全員でがんばっていきたいと思います。

新年度からの株式会社f lifeも、どうぞよろしくお願いいたします!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK